公益財団法人 広島平和文化センター国際市民交流課

文字サイズ変更
language

Have a Chat!

広島に住む外国人が講師となり、母国の文化や広島での暮らしについて紹介してもらい、

一緒におしゃべりを楽しむイベント「Have a chat!」を、毎月実施しています。

2023年9月~12月は 講師は月替わりで、対面とオンラインで実施しました。

★今月の「Have a chat!」については こちらから!

 

<これまでの「Have a chat!」レポート>

12月(令和5年12月16日(土)開催)

講師:フィンク・ネターニャさん

出身:アメリカ

12月の講師は、アメリカ出身のネターニャさん。地元のカリフォルニアのことや、「カラオケ」や「空手」など日本語がそのまま英語になった言葉について、紹介してくれました。

今回はクリスマスシーズンだったため、質問コーナーでは参加者の皆さんから、クリスマスに関する質問がたくさん出ました。「Candy Cane(キャンディーケイン)」やチキンなど、アメリカのクリスマス文化についても知ることができました。

カリフォルニアの景色を紹介するネターニャさん
オンラインも、多くの方にご参加いただきました

11月(令和5年11月12日(日)開催)

講師:シアン(ドアン・ティ・チャン・ヌゥン)さん

出身:ベトナム

ベトナム出身のシアンさんは、ベトナムの民族衣装「アオザイ」を着て登場し、母国のことや日本に来た経緯、また「シアン」という名前の秘密についても教えてくれました。

現在、広島市内の大学に通っているシアンさん。ベトナムでの学校生活や食べ物など、シアンさん等身大の目線での紹介は、参加者の皆さんから「わかりやすかった!」と、とても好評でした♪

質問コーナーはとても盛り上がりました
「アオザイ」を着て説明するシアンさん

10月(令和5年10月28日(土)開催)

講師:アザム・イムディ・イハメドルさん

出身:バングラデシュ

10月の講師 アザムさんはバングラデシュの楽器やおもちゃを見せながら、説明してくれました。

また、こんな一幕も…

 アザムさん「バングラデシュの通貨はタカと言いますが、紙幣に描かれた人は、何タカ札でも同じなんです」

 参加者「それでは、間違えて違うお札を払ってしまう人がいるんじゃないですか?」

 アザムさん「はい。色が近いお札は間違えちゃうんですね~。結構損することもあります。」

 参加者「え~、そうなの~!?」

アザムさんの面白トークで、とても盛り上がりました。

バングラデシュについて説明するアザムさん
バングラデシュの楽器やおもちゃを紹介してもらいました。

9月(令和5年9月27日(水)開催)

講師:楊 蘭銘(よう らんめい)さん

出身:中国

9月に開催した「Have a chat!」の講師は、日本に来て10年目になる中国人の楊(よう)さんでした。

実家の家族構成や、中国の歴史を背景にした家族史、河南省の食とお酒の文化などについて紹介してくれました。日本とは違う文化や習慣に、参加者からは「へぇ~!」という驚きの声が上がりました。

また、日本では見かけることが珍しい白酒(ばいちゅう)を持ってきてくれた楊さん。参加者みんなで白酒の独特の香りを楽しみました。

スライドで説明をする楊さん
白酒を紹介する楊さん

Top