公益財団法人 広島平和文化センター国際交流・協力課

文字サイズ変更

ボランティア事業

ホームステイ・ホームビジットボランティア及び通訳ボランティアの登録等について

公益財団法人広島平和文化センターでは、ホームステイ・ホームビジットボランティア及びボランティア通訳者を募集し、市内で開催される各種国際交流事業や区役所等行政機関窓口及び学校等での対応に協力していただいています。
また、非営利的な機関・団体等の依頼により、ホームステイ・ホームビジットボランティアの斡旋、ボランティア通訳者の派遣を行っています。

ホームステイボランティア・ホームビジットボランティア募集案内

通訳ボランティア募集案内

ホームステイボランティア・ホームビジットボランティア募集案内

外国人の方に、日本の家庭を訪問する機会を提供し、日本の家庭の日常生活を紹介することにより、市民の国際交流を促進し、国際理解を深めることを目的としています。

1 ホームステイボランティア・ホームビジットボランティアについて

<ホームステイボランティア>

①活動内容

非営利的な機関・団体等が身元保証し、日本人との交流及び日本理解を目的とする外国人を、1~3日間程度(一般的に週末)家庭に受け入れる。

②主な応募条件

○広島市内又は近郊に居住する方
○センターが実施する研修会等に参加できる方
○家族全員が受入れに賛同すること。

③費用負担

○ホストファミリーの負担(受入れに伴う基本的な費用)
集合場所から自宅までの送迎代、家庭での食事代、宿泊代等
※1週間を超える長期ホームステイの場合は、原則として、ゲストが実費を負担
○ゲストの負担(個人的な費用)
電話代、ホストファミリーと一緒に外出する場合の交通費・施設入場料、外食費等

④報酬

無償

<ホームビジットボランティア>

①活動内容

広島市を訪れた外国人観光客を、2・3時間程度(原則として、昼食や夕食の時間帯を除き、食事や宿泊の提供はしない。)、家庭に受け入れる。

②主な応募条件

○平和記念公園又は広島駅から1時間以内で到着可能な地域に居住する方
○センターが実施する研修会等に参加できる方
○家族全員が受入れに賛同すること。

③費用負担

○ホストファミリーの負担(受入れに伴う基本的な費用)
接待程度のお茶代

④報酬

無償

2 応募・登録について

(1) 「登録票」(こちらです(excel文書)。)を下記の応募先へ郵送又は持参してください。
(2) 受付は随時行っています。
(3) 応募は、ホームステイボランティアとホームビジットボランティアのどちらか一方でも両方でも構いません。
(4) センターで書類審査を行い、登録の是非を決定させていただきます。
(5) 登録期間は4月~翌年3月の1年間とし、毎年自動更新します。
   ただし、次のいずれかに該当する場合は、登録が抹消されます。
   ○本人から辞退の申出があったとき
   ○連絡不可能となったとき
   ○ボランティアとしてふさわしくないと認められる事実が発生したとき

3 アンケートについて

ボランティア制度の充実のため、受入れ後、アンケートに協力をお願いします。

4 問い合わせ・応募先

<ホームステイボランティア>

公益財団法人広島平和文化センター国際部国際交流・協力課 
〒730-0811 広島市中区中島町1番5号(広島国際会議場3階)
TEL(082)242-8879
FAX(082)242-7452
E-mail internat@pcf.city.hiroshima.jp

<ホームビジットボランティア>

公益財団法人広島平和文化センター国際部国際交流ラウンジ 
〒730-0811 広島市中区中島町1番5号(広島国際会議場1階)
TEL(082)247-9715
FAX(082)242-7452
E-mail golounge@pcf.city.hiroshima.jp

 

通訳ボランティア募集案内

当センターでは、区役所、学校、保育園、幼稚園などの公共施設や、市内で開催される国際会議や国際交流イベントなどで活動してくださる、通訳ボランティアを募集しています。
この制度は、日本語での会話が困難な外国人市民を支えることで、市民の皆さんがお互いの文化を理解し、共に住みやすい地域社会を作っていくことを目的としています。

1 活動場所と内容

行政通訳:広島市内の区役所、保健センターでの各種手続きや相談など
学校通訳:広島市内の保育園、幼稚園、小・中・高等学校、特別支援学校での保護者懇談など
イベント通訳:広島市内で開催される国際会議での受付や国際交流イベントなどでの運営補助

※病院での診療行為に関する通訳や学校での授業補助など、専門的な知識を必要とする通訳は対象外となります。

2 活動時間

原則として、通訳時間は、1回2時間程度。ただし、国際会議場、国際交流イベントなどのイベントの通訳は、この限りではありません。

3 登録条件

(1) 広島市内もしくは近郊に居住する方
(2) この制度の趣旨に賛同する方 通訳ボランティア制度要綱はこちら
(3) センターが実施する通訳ボランティア研修会などに参加できる方
(4) センターとの連絡が確実にできる方
(5) 日本語と外国語で日常会話ができる方。(次の表を目安にしてください。特に資格は必要ありませ ん。)

《主な言語と目安》

 言語           備考

 日本語    日本語能力試験 N2(旧試験 2級相当)程度

 英語     実用英語技能検定 2級程度

 中国語    中国語検定試験 準1級程度、中国漢語水平考試(HSK) 口頭中級程度

 韓国・朝鮮語  韓国語能力試験 3級程度

 スペイン語   スペイン語技能検定 4級程度、 スペイン語検定試験 (DELE)B1(中級)程度

4 登録方法

登録を希望される方は、所定の登録用紙を当センターに提出してください。書類審査のうえ、登録を決定します。登録期間は4月から翌年3月までの1年間とし、毎年4月に自動更新を行います。ただし、以下のような状況が発生した場合は、登録から外させていただきます。

(1) 本人から辞退の申し出があったとき
(2) 連絡が不可能となったとき
(3) ボランティアとしてふさわしくないと認められる事実が発生したとき

5 活動に係る費用

交通費相当として、1回につき2,100円(所得税額を控除する場合有)を支払います。

6 研修会の開催

登録をいただいた方には、当センター主催の研修会のご案内を送ります。

7 アンケートの提出

ボランティア制度を充実させるために、活動後、アンケートの提出にご協力ください。

8 登録申込用紙は、こちら  PDF  ワード

※ 上記の登録申し込み用紙をダウンロードするためには、無料の Adobe Reader(PDFファイル閲覧ソフト) が必要です