公益財団法人 広島平和文化センター国際交流・協力課

文字サイズ変更
language
  • ホーム
  • 肉製品を国際郵便で送ること、受け取ることは禁止されています海外から動物の病気をもちこまないための、大切なルールです

肉製品を国際郵便で送ること、受け取ることは禁止されています海外から動物の病気をもちこまないための、大切なルールです

近年、海外からの国際郵便に、ソーセージやハムなどの肉製品が入っていることが多くなっています。

 

肉製品を国際郵便で、日本の国内に持ち込むことは禁止されています。

口蹄疫(牛などの病気)、豚の病気、鳥インフルエンザなどの動物の病気が、海外から日本に入ってこないようにするためです。

 

動物検疫所の検査を受けずに肉製品を受け取ることは、罰則の対象です。

3年以下の懲役または300万円以下の罰金になります。

 

海外の家族や知人に、肉製品を送らないように伝えてください。

 

国際郵便が届いたら、肉製品が入っていないか確かめてください。

国際郵便に肉製品が入っていたら、すぐに動物検疫所に連絡してください。

 

農林水産省動物検疫所神戸支所広島空港出張所

Tel:0848-86-8118 / e-mail:aqs.hit@maff.go.jp