公益財団法人 広島平和文化センター国際市民交流課

文字サイズ変更
language
  • ホーム
  • 子どもを育てている人へ「子育て世帯生活支援特別給付金(こそだてせたい せいかつしえん とくべつきゅうふきん)」がもらえます

子どもを育てている人へ「子育て世帯生活支援特別給付金(こそだてせたい せいかつしえん とくべつきゅうふきん)」がもらえます

子(こ)どもを育(そだ)てている人は、子ども1人(ひとり)につき 5万円(まんえん)をもらうことができます。お金(かね)をもらうためには、広島市役所(ひろしま しやくしょ)に申請書(しんせいしょ)を出(だ)してください。

👉 18歳(さい)までの子(こ)ども、または19歳(さい)までの障害(しょうがい)のある子どもが このお金(かね)をもらうことができます。

👉 申請(しんせい)する人(ひと)や、申請(しんせい)する人の夫(おっと)または 妻(つま)の収入(しゅうにゅう)が多(おお)い人は、このお金(かね)をもらうことができません。

👉 「ひとり親世帯分(ひとりおやせたいぶん)の子育(こそだ)て世帯(せたい)生活支援(せいかつしえん)特別給付金(とくべつきゅうふきん)」をもらった人は、このお金をもらうことができません。

 

🔶🔷🔸🔹ひとり親世帯分(ひとりおやせたいぶん)の子育て世帯生活支援特別給付金」についてはコチラ



もらうことができるお金(かね)

 子(こ)ども1人(ひとり)につき 5万円(まんえん)

 

もらうことができる人(ひと)

下(した)の① ② ③ ④ のどれかに あたる人(ひと)が お金(かね)をもらうことができます。

 2022年4月から 2023年3月の間(あいだ)のどれかの月(つき)で 児童手当(じどうてあて)※1 または 特別児童扶養手当(とくべつ じどうふようてあて)※2を もらっている人で、 2022年4月から 2023年3月に 住民税(じゅうみんぜい)(2022年1月1日に 日本に住所(じゅうしょ)があって 働(はたら)いている県(けん)や市(し)、区(く)などに払(はら)う税金(ぜいきん))を 払(はら)わなくていい人

※1 児童手当(じどうてあて):0歳(さい)から 中学校(ちゅうがっこう)3年生(ねんせい)まで(15歳(さい)の3月31日まで)の子どもを 育(そだ)てている人が もらうお金

※2 特別児童扶養手当(とくべつ じどうふようてあて):19歳(さい)までの 障害(しょうがい)のある子どもを 育てている人が もらうお金

 

 2004年4月2日から 2007年4月1日までの間(あいだ)に 生(う)まれた子(こ)どもを 育(そだ)てている人(ひと)で、 2022年4月から 2023年3月に 住民税(じゅうみんぜい)(2022年1月1日に 日本(にほん)に住所(じゅうしょ)があって 働(はたら)いている県(けん)や市(し)、区(く)などに払(はら)う税金(ぜいきん))を 払(はら)わなくていい人

 

 2022年3月31日のときに 17歳(さい)までの子ども または19歳(さい)までの 障害(しょうがい)のある子どもを育(そだ)てている人で、新型(しんがた)コロナウイルスが理由(りゆう)で 2022年1月1日からの 収入(しゅうにゅう)が少(すく)なくなった人

 

 2022年4月1日から 2023年2月28日までの間(あいだ)に 生(う)まれる赤(あか)ちゃんを育(そだ)てている人で、新型(しんがた)コロナウイルスが理由(りゆう)で 2022年1月1日からの 収入(しゅうにゅう)が少(すく)なくなった人

 

もうしこみ

の人は もうしこみを しなくてもよいです

の人は、給付金(きゅうふきん)をもらうために もうしこみをしてください

 

📝申請書(しんせいしょ)を もらうことができるところ

「申請書」は あなたが住(す)んでいる区(く)の区役所(くやくしょ)の福祉課(ふくしか)で もらうことができます。また、広島市(ひろしまし)のホームページから印刷(いんさつ)することもできます。

区役所(くやくしょ)の福祉課(ふくしか)があるところ

中区(なかく) 大手町(おおてまち)4-1-1
東区(ひがしく) 東蟹屋町(ひがし かにや ちょう)9-34
南区(みなみく) 皆実町(みなみ まち)1-4-46
西区(にしく) 福島町(ふくしま ちょう)2-24-1
安佐南区(あさみなみく) 中須(なかす)1-38-13
安佐北区(あさきたく) 可部(かべ)3-19-22
安芸区(あきく) 船越南(ふなこし みなみ)3-2-16
佐伯区(さえきく) 海老園(かいろうえん)1-4-5


📝申請書(しんせいしょ)を 出(だ)すところ

「申請書」は 下(した)に書(か)いてあるところへ 郵便(ゆうびん)で送(おく)ってください。

【「申請書」を おくるところ】

〒730-8790

広島中央郵便局 私書箱第5号

令和4年度広島市子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)事務処理センター

(ひろしま ちゅうおう ゆうびんきょく ししょばこ だい5ごう)

(れいわ4ねんど ひろしまし こそだてせたい せいかつしえん とくべつきゅうふきん(ひとりおやせたい いがいぶん)じむしょりせんたー)

 

もうしこみの しめきり

2023年2月28日(火曜日(かようび))までに 「申請書(しんせいしょ)」を郵便(ゆうびん)ポストに 入(い)れてください。

※ 「申請書(しんせいしょ)」がおくれてとどいたときは、このお金(かね)をもらうことができません。

※ 書類(しょるい)が足(た)りないなど、2023年2月28日までに 広島市役所(ひろしましやくしょ)が「申請書」を確認(かくにん)できないときは、このお金(かね)をもらうことができません。

 

相談(そうだん)できる ところ


🙂 もうしこみについて くわしいことが知(し)りたいときは、こちらに電話(でんわ)してください。

  広島市役所「子育て世帯生活支援特別給付金」コールセンター(日本語(にほんご)のみ)

  (ひろしましやくしょ 「こそだてせたい せいかつしえん とくべつきゅうふきん」こーるせんたー)

  TEL:0120-145-577(お金が かかりません)

  FAX:082-504-2727

  受付時間(うけつけじかん):午前(ごぜん)8時30分から 午後(ごご)5時 (土曜日(どようび)、日曜日(にちようび)、
  祝日(しゅくじつ)、12月29日から 1月3日は休(やす)み)

 

🙂 ことばがわからなくて こまったことがあるときは、広島市・安芸郡外国人相談窓口に、電話(でんわ)してください。

  広島市・安芸郡外国人相談窓口(ひろしまし あきぐん がいこくじん そうだんまどぐち)

  TEL:082-241-5010

  E-mail:soudan@pcf.city.hiroshima.jp

  相談(そうだん)できる 曜日(ようび):月曜日から金曜日(祝日、8月6日、12月29日から 1月3日は休み)

  相談(そうだん)できる 時間(じかん):午前(ごぜん)9時から 午後(ごご)4時

  相談(そうだん)できる 言葉(ことば):中国語、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、英語、フィリピノ語
                     ※フィリピノ語は金曜日のみ